Blogpet
 「初恋温泉」吉田修一
初恋温泉
初恋温泉
吉田 修一

二人が二人でいれる場所…。都会に生きる男女の憂鬱や倦怠感を鋭く捉える著者が「温泉に宿泊する男女」というテーマで描く五組の男女の物語。

「初恋温泉」「白雪温泉」「ためらいの湯」「風来温泉」「純情温泉」

妻に離婚を言い渡された夫婦、もうすぐ結婚する夫婦、不倫をしている男女、妻と喧嘩している夫、17歳の高校生カップル、そんな男女が出てくる短編。

最近勉強もやっとがんばりだしたので一日に話を一つ読んでました。吉田修一の作品は初めて読んだけどなかなかよかった。
実際にある温泉が舞台になっているので、群馬とかあるかなあーとちょっと期待して読んでたけどありませんでした。
これ読んでたらなんか温泉行きたくなってきました。温泉なんて何年も行ってないな、そういえば。

この中で一番好きな話は「純情温泉」です。男と女で考えていることの違いとかおもしろい。ところでこの話の2人、17歳って私と同い年じゃないですか!?温泉に2人で行くとかそういうの自分だったら絶対出てこないな…。
そういえば、この中に出てくる先生のシーン、何かわかるんです。校内でいちゃつかれると(本人達はその気がないのかもしれないけど)見ててイラっときます。思わず真ん中に割り込みたくなるくらいです!共学になって実感したことは、共学になると本当にカップルが出来るんだなあということですよ!こんな田舎なのに。
あれー、なんか関係なくなってきちゃった。まあ、いいか。
| 2006.08.29 Tuesday | 作家別・や行(吉田修一) | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>