Blogpet
<< 2010年2月に読んだ本 | main | 映画「ショーシャンクの空に」 >>
 映画「死神の精度」
評価:
---
VAP,INC(VAP)(D)
¥ 2,448
(2008-08-27)
Amazonランキング: 5777位

伊坂幸太郎の人気小説を金城武と小西真奈美の共演で描いたファンタジードラマ。人間を7日間観察し、生死の判定を下す役割を担った死神・千葉と、7日後に死を控えたOL・一恵の間に芽生えた奇跡が、時空を越えて広がっていく。1月18日に鑑賞。
私、これを観て気付いたのですが、原作つきの映画で先に原作を読んでいると、先の展開が分かるので退屈に感じてしまうのですよ!今度から原作知ってるのは映画館で見ようと思います。
映画版では死神の千葉さんが出向くのは地味なOL、やくざ、そして老女の3人。その3人のストーリーが時代を超えて繋がってくるというこの作品の魅力は映画でも健在でした。
でも最初のOLの話で、時代がちょっと古いのが分かるので、本を読んだ時ほどの驚きは低い気がする。あとは、金城武がカッコ良かった。それだけで観る価値あると私は勝手に思います!
| 2010.03.04 Thursday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.11.21 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/946