Blogpet
<< 「賭博破戒録 カイジ 全13巻」福本伸行 | main | 会社説明会 >>
 「サムシングブルー」飛鳥井千砂
評価:
飛鳥井 千砂
集英社
¥ 1,365
(2009-06)

ありえない。恋人と別れた次の日に、昔の恋人と昔の親友の結婚式の招待状が届くなんて―。今の私に、この結婚は祝えない。小説すばる新人賞作家が丹念に描き出す、幸福を探し求める私たちの物語。
2年間付き合った恋人と別れた次の日に高校時代の恋人と親友が結婚するという招待状を受け取り、それをきっかけにして高校生の時の体育祭実行委員で集まって新郎新婦にサプライズでプレゼントしようと計画する。そのための準備をしながらも主人公の梨香は複雑な思いを抱いて素直に祝福出来ずにいる。高校生の時のエピソードを間にはさみつつ展開されていた。内容に対してページの量が多いなと思ったのだけど、一回のってきたらスラスラ読めたかな。この話は梨香にとってただタイミングが悪かったってだけなんだよなあと思ってしまった。
| 2009.12.27 Sunday | 作家別・あ行(飛鳥井千砂) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.09.24 Thursday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。