Blogpet
<< 今週の記録 | main | 「ベルギー幻想美術館展」Bunkamura ザ・ミュージアム >>
 「女たちは二度遊ぶ」吉田修一
評価:
吉田 修一
角川書店
---
(2006-03-25)

本当になんにもしない女だった。炊事、洗濯、掃除はおろか、こちらが注意しないと、三日も風呂に入らないほどだった―。甘く、ときに苦く哀しい、“日本の美しい女たち”11人の物語。女の生態と男の心理をリアルに描く、著者会心のイレブン・ストーリーズ。
「どしゃぶりの女」「公衆電話の女」「自己破産の女」「殺したい女」「夢の女」「平日公休の女」「泣かない女」「最初の妻」「CMの女」「十一人目の女」「ゴシップ雑誌を読む女」

語り手の男が、自分が関わった女性について思い出しているという形式の話。殺したい、とか自己破産とか見て、どんだけひどい女の話なのかと思っていたけど、内容は普通で出てくる女性たちはどこにでもいそうなキャラクターだったし、語り手の男もそう。だからこそ印象に残るのもそんなに残らないのも様々だった。
| 2009.12.21 Monday | 作家別・や行(吉田修一) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.02.19 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。