Blogpet
<< 映画「落下の王国」@新宿バルト9 | main | 「偏路」本谷有希子 >>
 「夢を与える」綿矢りさ

夢を与える
夢を与える
綿矢 りさ

 

 

 

 

 

私は他の女の子たちよりも早く老けるだろう。チャイルドモデルから芸能界へ―幼い頃からTVの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが…少女の心とからだに流れる18年の時間を描く。芥川賞受賞第一作。

★★★★★

前作から久しぶりに出た綿矢さんの作品。今回はチャイルドモデルの栄光と転落を描いた物語。すごかったです。すごく引き込まれてあっという間に読めた。
文体も前作までの一人称から三人称に変わっていて、最初は戸惑ったけど、まあそれはすぐに慣れました。

母親・幹子の執念から産まれた子供である夕子は、みんなからゆうちゃんと呼ばれ、愛される存在へ。その内にスカウトされて、モデルの仕事からテレビのCMに出るようになり、次第にブレイクしていく。

華やかに思える夕子の人生は、決して幸せには見えなかった。
とても痛々しくてちょっと辛いくらいです。中学の時の同級生の多摩がすごくいい奴で好きだった。
そして、夕子に起こってしまうスキャンダルは本当にひどい。
ネット社会の怖さを感じるし、こんな事ってないよーと思った。この事件で夕子が悟る、夢を与える人間は、自分が夢を見てはいけないってのも悲しい。
夕子はまだ17、18ぐらいなのに、そんな結論に行き着いてしまうのがやるせない。
でも、それだけにすごく印象に残った。

 

 

 

| 2008.12.18 Thursday | 作家別・わ行(綿矢りさ) | comments(0) | trackbacks(2) |
 スポンサーサイト
| 2019.09.18 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/621
綿矢りさ 『夢を与える』
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; JUGEMテーマ:読書感想文
| こみち | 2019/01/10 12:16 AM |
夢を与える 綿矢りさ
私は他の女の子たちよりも早く老けるだろう。チャイルドモデルから芸能界へ。 幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子。 ある出来事をきっかけに、彼女はブレイクするが…。 成長する少女の心とからだに流れる18年の時間を描く。芥川賞受賞第
| 粋な提案 | 2019/01/14 6:39 AM |