Blogpet
<< 「一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--」佐藤多佳子 | main | 「エミリー・ウングワレー展」国立新美術館 >>
 「一瞬の風になれ 第二部 --ヨウイ--」佐藤多佳子
一瞬の風になれ 第二部
一瞬の風になれ 第二部
佐藤 多佳子

何かに夢中にだった、すべての人へ贈る青春小説
「最高だ」
直線をかっとんでいく感覚。このスピードの爽快感。身体が飛ぶんだ……。
少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。
「そういうレースがあるよね。きっと誰にも。一生に一回……みたいな」
今年いちばんの陸上青春小説、第2巻!
★★★★
続きの2巻。新二の一年上の先輩たちの最後の試合のところはすごくよかった。
自分の部活の引退試合とかちょっと思い出しました。私は団体競技がダメだけど、このチームの皆で一緒に分かち合う感じはよいなあと思った。
ハードボイルド守屋部長の涙にはこっちまで泣きそうになっちゃいましたよ。いつのときも最後は辛いもんですよね。

それから新しい部長も決まるし、後輩も入ってくる。
部長は納得できる人選だなあと思った。後、新二の恋の話もよかったなあ。青春っていいなあと、思いましたね。

そして、最後のほうではまさかの事件が起こる。
スポーツ物ではありがちなんだろうけど、これを当人はもちろん、その周りの人間もどう立ち直っていくか、その辺も注目かなあと思う。
| 2008.08.10 Sunday | 作家別・さ行(佐藤多佳子) | comments(0) | trackbacks(1) |
 スポンサーサイト
| 2019.11.21 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/545
一瞬の風になれ第二部ヨウイ 佐藤多佳子
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 2年生になった新二たち。リーダー守屋、エース一ノ瀬、ジンクス担当...
| 粋な提案 | 2008/09/06 3:22 AM |