Blogpet
<< 「小公子」バーネット | main | 2020年7月に読んだ本 >>
 「天空の玉座 全11巻」青木朋

全11巻まとめて感想。中華ファンタジー。前皇帝の母である娘娘が政治を握っている国で娘娘に殺されない為にバカな振りをしながら機会をうかがっている皇帝とその事情を知り協力しようとする主人公の珊瑚の話。クーデター失敗してから皇帝の病已の存在が空気のようになってしまったのが気になるけど描きたいのは宦官みたいな事があとがきにもあったのでだからなのかと色々納得した。終盤は急ぎ足になったようにも思えたけど綺麗にまとまっていて面白い話だった。

| 2020.07.31 Friday | 漫画 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| 2020.08.02 Sunday | - | - | - |
Comment