Blogpet
<< 「読書する人だけがたどり着ける場所」齋藤孝 | main | 「3月のライオン 14」羽海野チカ >>
 「白銀の墟 玄の月」小野不由美

戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。―白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

新作は全4巻。時系列的には魔性の子と黄昏の岸 暁の天からそのまま続いていて戴を救うために国に戻った泰麒と李斎が驍宗を探す物語。1,2巻は近付く戴の冬に国民も李斎たちもじりじりする感じで3巻からどんどん話が展開していってそこからは夢中だった。驍宗は生きているのか、阿選は何故簒奪しようとしたのか、色々と序盤は謎が多い話だった。

驍宗って私のイメージではプライド高くて自分がこうだと思ったらどんどん押し進める人って感じなんだけどそれも間違ってないんだなと思った。でも驍宗はそんな自分が分かっていて、違うタイプの人を要職に置いたり決して民の事をないがしろにしているわけではなく民の事を考えて行動して、そこが王の器なんだなと思った。民を想い、民に想われているからこそ奇跡が起こって命が繋がったのだなと感動した。でも驍宗のサバイバル描写読んでいると6年も1人で生き抜いていてもう誰もこの人を殺せないだろと強く思った。阿選も自分の部下には手を汚す事はないと思っていたりしてそれなりに大事に思ってはいたはずなのに最終的には一線を越えてしまったのが読んでいて悲しかったな。

私は恵棟が好きだなと思ったので3巻の終わりの恵棟が誰が王であるべきなのかを泰麒に語る所が好き。そして4巻の展開で絶望した。ワンチャンないのかな。来年の短編では細かい戴の様子が知りたいな。ラストの一文で凄く泣けて、ちょっとした文で泣ける小説も中々ないよな。泣きました。新しい元号の文字に驍宗は自分の命を繋いでくれた民への感謝を忘れないんだなと思えた。

| 2019.12.16 Monday | 作家別・あ行(小野不由美) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.02.19 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。