Blogpet
<< 「花ざかりの君たちへ After School 1」中条比紗也 | main | 「夏目友人帳 23,24」緑川ゆき >>
 「図南の翼」小野不由美
評価:
小野 不由美
新潮社
¥ 737
(2013-09-28)
Amazonランキング: 561位

この国の王になるのは、あたし! 恭国(きようこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔までも徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしよう)に住む少女珠晶(しゆしよう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしと教育を与えられ、闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂えた珠晶はついに決断する。「大人が行かないのなら、あたしが蓬山(ほうざん)を目指す」と──12歳の少女は、神獣麒麟(きりん)によって、王として選ばれるのか。

王が死に、20年以上新しい王がいない恭国で12歳の少女が自ら王になろうと昇山する様子を描くロードノベル。珠晶のキャラが痛快で面白いけど主張する所には子供だなあと思う部分もあり絶妙なキャラクターだと思った。一緒に昇山する人たちと接する事で少しずつ成長していくのも良かった。頑丘がその後臣下になったのかどうか気になるな。過去作に出てきた更夜がまさかのポジションで出てきたのも驚きだった。六太と会ったりしていたらいいなあとか思った。

| 2019.12.06 Friday | 作家別・あ行(小野不由美) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.07.04 Saturday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。