Blogpet
<< 「マルコの夢」栗田有起 | main | 「働きマン (1)」安野モヨコ >>
 「デイジー・ラック 1」海野つなみ
デイジー・ラック 1 (1)
デイジー・ラック 1 (1)
海野 つなみ

最近読んだ海野さんの「回転銀河」が個人的にヒットしたのでちょっとさかのぼって買ってみました。全2巻なので手も出しやすかったですし。回転銀河もそのうち感想のせるかもしれません。

「デイジー*ラック」は小学生からの幼馴染4人の女性の30代生活のスタートを描くオムニバス漫画。「ひなぎく会」と呼んで定期的に会って食事会を開いているのですが、その様子がなんとも言えず楽しそうで、私も30代になっても学生時代の友達と定期的に会えるような関係になりたいなあと思いますね。

Daisy Luck 001
「ひなぎく会」で唯一の既婚者、岩代えみの何気ないけど幸せな日常。
旦那の誕生日を祝おうとしたのに、当の本人は趣味のエアロビ関係で泊まりで出かけてしまう。それ以来家事にもやる気が出なくて…という話。
白玉しるこ風が美味そう!旦那の趣味がエアロビっていうのもうけた。でも、こういう性格の旦那さんと結婚できたらものすごくリラックスできそうだなあ。えみもそんなに気張ることないのにとか思ってしまった。

Daisy Luck 002
30を目前にして2回目の転職でいきなりパン職人になった山城楓の話。
5年間ヨーロッパで修行していた先輩職人が気になるけど、その先輩は実は昔店長の娘と付き合っていたというのが、なんともまた切ない感じ。楓の気持ちも分かるけど、安芸さんの気持ちを考えるとまた切ないですね。

Daisy Luck 003
初めて大きい仕事を任せられた周防薫の仕事と恋愛の話。
たまたま店で相席になった人が仕事でのライバルだった、なんて漫画ではよくありそうだけど、なかなか好きだったりしますこの話。最後のエレベーターのシーンなんてドキドキしますね!その前の大和のセリフにはちょっとむかつきますが。

Daisy Luck 004
フリーの鞄職人、讃岐ミチルの話。
フリーで仕事するってこわっ!私は働くのって正直好きじゃないけど、仕事がこないっていうのはほんと怖いね。
1巻ではこの話が一番好きです。革具店の鶴じいと亀じいが何だかなごむし、貴大の28とはあまり思えないあのノリもなんか好き(笑)
最後のほうの「……いいや もう」はなんかリアル。

Holiday
デイジー*ラックとは無関係の8ページの旅行漫画。海外旅行って疲れるだけだと一応分かっているつもりだけど、ハワイに行きたくなったー。マカダミアナッツクッキー食べてみたい!
| 2007.09.11 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(1) |
 スポンサーサイト
| 2019.08.22 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/371
「デイジーラック」 海野つなみ
のだめやNANAのようにバカ売れしたり、ドラマ化されるわけじゃないけど、心がほっこりするオススメ漫画をご紹介するこのコーナー。 今回は「回転銀河」の海野つなみ先生が描く 30代女子の恋と仕事のものがたり、「デイジー・ラック」です。 楓、ミチル、えみちゃん
| 日々の書付 | 2010/11/06 2:21 PM |