Blogpet
<< 「マチネの終わりに」平野啓一郎 | main | 「ノラガミ 20」あだちとか >>
 「荒ぶる季節の乙女どよも。 8」絵本奈央

最終巻。7巻に載っていた予告で泉が最低な発言しているなあと思っていたけど、読んでみたらちゃんと酷いって言われているし流もあって悪くなかった。新菜と泉が同じ言葉で相手の事を言っていたのを気にしていた和紗も泉と同じ気持ちと言葉を持っていた事を知り、それがあるから大丈夫と語るシーンは和紗良かったなあと思えて好きなシーン。ドロドロするかと思ったけどそこまででもなく綺麗に終わって良かった。

| 2019.10.21 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.11.21 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/3686