Blogpet
<< 「ましろのおと 18」羅川真里茂 | main | 「不倫と南米」吉本ばなな >>
 「虹を待つ彼女」逸木裕
評価:
逸木 裕
KADOKAWA
¥ 1,728
(2016-09-30)
Amazonランキング: 213426位

二〇二〇年、人工知能と恋愛ができる人気アプリに携わる有能な研究者の工藤は、優秀さゆえに予想できてしまう自らの限界に虚しさを覚えていた。そんな折、死者を人工知能化するプロジェクトに参加する。試作品のモデルに選ばれたのは、カルト的な人気を持つ美貌のゲームクリエイター、水科晴。彼女は六年前、自作した“ゾンビを撃ち殺す”オンラインゲームとドローンを連携させて渋谷を混乱に陥れ、最後には自らを標的にして自殺を遂げていた。晴について調べるうち、彼女の人格に共鳴し、次第に惹かれていく工藤。やがて彼女に“雨”と呼ばれる恋人がいたことを突き止めるが、何者からか「調査を止めなければ殺す」という脅迫を受ける。晴の遺した未発表のゲームの中に彼女へと迫るヒントを見つけ、人工知能は完成に近づいていくが―。

AIを作っている工藤が6年前に自殺したゲームクリエイターの晴のAIを作ろうとする所から動き始める話。会った事もない亡くなった人の過去を追う内に恋をしてしまうのだけど、そこまでのめり込むのかと色々びっくりだった。工藤は人は自分の思う通りに動かせると傲慢に思っている所が微妙に思えたけど最終的に成長出来たみたいなのは良かった。

| 2019.08.16 Friday | 作家別・あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.02.19 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。