Blogpet
<< 「陽気なギャングは三つ数えろ」伊坂幸太郎 | main | 「本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない」松本大介 >>
 映画「塔の上のラプンツェル」

あらすじは知っているのであまり新しさは感じなかったな。赤ちゃんの頃に本当の両親と離れてしまったのに成長してからいきなり再会しても親子としてすぐに馴染めるのかなと気になった。

| 2018.10.13 Saturday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.10.19 Friday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/3365