Blogpet
<< 「D.Gray-man 1〜25」星野桂 | main | 「陽気なギャングは三つ数えろ」伊坂幸太郎 >>
 「ベルセルク 39,40」三浦建太郎

39,40巻まとめて感想。

キャスカの精神世界を巡る旅も終わり、遂にキャスカが元に戻る。ここまで待たされたのもあって夢の世界は比較的テンポよく進んで良かったな。元に戻ったけど、最後の欠片が茨のついた心臓だったりガッツを見て色々思い出して叫んでしまったりとかここからがまた辛い展開になりそうだった。でもキャスカの会いたい人がガッツだったのは安心したな。

グリフィスの方は相変わらずの快進撃だった。画面の凄さを堪能する感じ。

| 2018.10.11 Thursday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.12.10 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/3363