Blogpet
<< 「ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹」西尾維新 | main | 「十八の夏」光原百合 >>
 「植物診断室」星野智幸
植物診断室
植物診断室
星野 智幸

夫でもなく、父親でもない“大人の男性”の役割とは――
散歩が生き甲斐の独身男・寛樹は、ある女性に「夫でもなく、父親でもない役割」を求められた。家族や婚姻制度に一石を投じる問題作。
もう40を過ぎているけれど、恋人もいない独身。しかしなぜか小さな子供には好かれる水鳥寛樹。義弟の話から、彼の同僚である女性の子供と月に1,2回遊ぶことになる。そこで、夫でも父親でもない新しい存在を模索していく。

最初にいきなり植物診断のシーンから始まって、オカルトのような奇妙な描写だったので、この先読んでいけるのか若干不安になりましたが大丈夫でした。普通におもしろかったです。
タイトルにもなっている植物診断というのは、自分が今植物でいうとどんな状態なのかを診て、本当の自分の状態に戻してくれるというものらしいです。

独身40男ってどんな男なのかと思ってましたが、散歩(というより放浪?)が好きで何故か子供には好かれる、変わり者といえばそうなんだろうけど、子供に妙に好かれるおっさんというのもなんかよかったです。話に出てくる3人の子供たちもみんなかわいいし。
寛樹は周りから結婚しないのかと問われるたびに自分がどういう存在であるのか分からなくなっていて、だからこそ、自分は自分でしかないという事を示してくれる植物診断にのめりこんでいた。最後の幹子の言葉で、自分の位置はどこなのか、自分は何であるのかについての答えが出てよかったと思う。
| 2007.07.19 Thursday | 作家別・は行(星野智幸) | comments(4) | trackbacks(2) |
 スポンサーサイト
| 2017.10.19 Thursday | - | - | - |
Comment
はじめまして♪めぃと申します。短大2年の学生です。
植物診断室、私も図書館で見つけて2、3ページ読んでみてたんですけどやめちゃったんですよね(笑)
アメコさんの感想読ませてもらったらなんだか面白そうなので読んでみようかな〜

ちなみに戯言シリーズも好きです。サイコロジカル読み終わったばかりなのでまた続き買ってきて読みます♪


私もブログやってるのでよかったらのぞいてみてくださいね。
かなり文章つたなくてお恥ずかしいですが・・・。
テスト終わったら本読みまくるつもりです(笑)
アメコ
めぃさん、はじめまして。
短大の2年生なんですね。ひとつ先輩なんですね!
植物診断室は最初は読むの止めたくなりますけど、そこを乗り越えると大体いけると思います。

戯言も読んでるんですね。私は学校の友達に借りて、今はヒトクイマジカルまで進みました。

めぃさんのブログ是非お邪魔させてもらいますね。そして、テストが終わったら本を読みまくってください。私は読みまくっています!
おはようございます。
時々挟まれる「植物診断」の幻想的な世界が不思議でしたね。
主人公と年齢が近い私は主人公の偏屈ぶりが心配で、心配で(笑)
ラストは自分の立ち位置を認識できてよかったですよね。
アメコ
ななさん
「植物診断」は幻想的でしたね〜。
最初はその描写にホントにびっくりしちゃったんですよね。
主人公が心配になりましたか!
私はその辺は何にも考えずに読んでましたけど、
確かにあれは心配になりますね。









url: http://easel.jugem.jp/trackback/328
「植物診断室」星野智幸
植物診断室 星野 智幸 40代・独身、子供がいないのなぜか子供に好かれる男と男の子を育てるために理想の男性像を求めるバツイチ女性の、心のふれあい。 芥川賞候補作品だったんですね。不思議な空気の流れる、だけどちょっと中途半端な物語でした。植物診断士
| ナナメモ | 2007/10/15 9:22 AM |
星野智幸 『植物診断室』
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; JUGEMテーマ:読書感想文 &nbsp; &nbsp; &nbsp;  自分が植物になって、植物の体験をするセラピー。 &nbsp; 本書の体験者である水島寛樹の目を通してみる
| こみち | 2017/07/21 10:57 PM |