Blogpet
<< 「PとJK 11」三次マキ | main | 「鬼談」京極夏彦 >>
 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」辻村深月

“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。

仲の良い親子と言われていたのにチエミが自分の母親を殺して逃亡した。何があったのか、チエミの友人のみずほはチエミの知り合いに会い話を聞いていく。女性の焦りとか女同士のマウントみたいなのが読んでいてしんどかった。みずほも本当はチエミが心配でとかではなくネタの為に〜とかだったら嫌すぎるなと思ったけど違ったので良かった。辻村さんの作品に出てくる他人を見下す系の人は性格悪くてあまり好きになれないな。

これを突っ込んだら話が始まらないのは分かっているけどチエミは親に言う前に薬局行って一人で先に調べとくべきだろと思った。いくら仲が良くて何でも話せても他人は自分じゃないから全てを分かり合う事は出来ないよな。でも合コンとか男の話をしているのに深く付き合っているという発想になっていない母親も謎だった。自分も結婚しているんだから分かるだろうに。

| 2018.05.25 Friday | 作家別・た行(辻村深月) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.11.20 Tuesday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/3247