Blogpet
<< 「きみが心に棲みついた 上下巻」天堂きりん | main | 2018年1月に読んだ本 >>
 「天使の柩」村山由佳
評価:
村山 由佳
集英社
¥ 1,620
(2013-11-05)
Amazonランキング: 303331位

望まれない子どもとして育ち、自分を愛せずにいる少女・茉莉。かつて最愛の人を亡くし、心に癒えない傷を抱え続けてきた歩太。彼との出会いに、初め心安らぐ居場所を手にした茉莉だったが、二人の幸福な時間はある事件によって大きく歪められ―『天使の卵』から20年、『天使の梯子』から10年。いま贈る、終わりにして始まりの物語。

天使の卵のシリーズで歩太が救われるまでの話かな。歩太と茉莉の恋愛ものになるかと思って読んでいたので歩太ロリコンになるのかと思ったら歩太からは人間愛的なものだったので安心した。ラストでもしかしたらな事が言われてたからこの先がどうなるのかは分からないけれど、茉莉の立場とか境遇が結構ヘビーで読んでいてちょっと辛かったな。だからこそ歩太たちといる時がほんわかしていて良かった。この2人は恋愛関係になるより家族愛であって欲しいなと思った。

| 2018.01.31 Wednesday | 作家別・ま行(村山由佳) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.06.03 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。