Blogpet
<< 「ふつうの恋子ちゃん 1~5」ななじ眺 | main | 「同級生に恋をした 4」美麻りん >>
 「火車」宮部みゆき
評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 1,069
(1998-01-30)
Amazonランキング: 3334位

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

現代でも通じるクレジットカード破産のネタとか社会の闇が描写されつつもミステリーとしても面白かった。遠い親戚の子の婚約者がかつてカードによる借金で破産した過去を持っていて、それを本人に告げた途端に姿を消してしまう事件が起こる。休職中の刑事本間はそれを調べるうちに親戚の婚約者の彰子は彰子ではなく全くの別人が成り代わっていた事を突き止める。話が動いてくると結構長い話なのに長さを感じさせなくて夢中で読めた。ローンによる借金の話なども今でも分かるからこそ怖いし追い詰められる心情も分かると思えた。彰子も喬子も目的は同じでただ幸せになりたかっただけなのが読んでいて分かるから悲しい話でもあるなと思った。ラストはあれはあれで良いけどその先がもう少し読みたいな。もうあそこまで来れば認めるしかないのだろうとは思うのだけど。

| 2017.08.18 Friday | 作家別・ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.07.18 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/3036