Blogpet
<< 「おめでたい日本人に教える 虐殺の歴史」小滝透 | main | 「高嶺と花 7」師走ゆき >>
 「逃亡くそたわけ」絲山秋子
評価:
絲山 秋子
中央公論新社
(2005-02-26)
Amazonランキング: 700985位

「どうしようどうしよう夏が終わってしまう」軽い気持ちの自殺未遂がばれ、入院させられた「あたし」は、退屈な精神病院からの脱走を決意。名古屋出身の「なごやん」を誘い出し、彼のぼろぼろの車での逃亡が始まった。道中、幻聴に悩まされ、なごやんと衝突しながらも、車は福岡から、阿蘇、さらに南へ疾走する。

精神病院に入院していた花ちゃんとなごやんが逃亡し九州を南下していくロードムービー風の小説。無免許運転に始まり高級車にぶつけたりお酒盗んだりとかなりの犯罪をやっているのにあっけらかんとしているノリは躁でテンションがおかしくなっているんだなってのを感じられた。でも逃げているのに楽しそうでもあり、不思議な読後感のある話だった。

| 2017.05.27 Saturday | 作家別・あ行(絲山秋子) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.04.25 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2974