Blogpet
<< 「いつか、ふたりは二匹」西澤保彦 | main | 「てをつなごうよ 3」目黒あむ >>
 「雛鳥のワルツ 1〜8」里中実華

1〜8巻まとめて感想。男子が苦手なのに新しく共学になった元男子校に進学してしまったため女子4人という少人数の空間で過ごさなければいけなくなったひな子。その中でも気になる男子、椎名が出来たり和久井に好かれたりと翻弄される三角関係の話。まとめて読むと結構序盤からひな子は椎名の事が好きになっていて、告白してきた和久井に返事をしようとしているのに和久井が返事を聞かない事で引き延ばしていた話なんだなと思えたし和久井がとんだピエロに思えた。和久井自身は普通に良い人なので別の人と幸せになって欲しいと思った。和久井が振られるの前提で感想を書いているけど決着は次の最終巻で分かるので、どう終わらせるのか楽しみにしている。

| 2017.05.12 Friday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2017.05.22 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2962