Blogpet
<< 「菜の花の彼 12」桃森ミヨシ,鉄骨サロ | main | 「PとJK 9」三次マキ >>
 「五十坂家の百年」斉木香津
評価:
斉木 香津
中央公論新社
¥ 1,728
(2015-04-24)
Amazonランキング: 496308位

その朝、双子の老姉妹が手に手をとり崖から飛んだ。葬儀のため集まった家族は、武家屋敷の床下から四体の遺骨とある秘密を掘り起こす…怒涛のカタルシスを呼ぶ、淫靡で切ない長篇ミステリー。

五十坂家という一族の四世代に渡る話。双子の老姉妹が自殺をした事から五十坂家の過去を追及していくのだけど、事件が起こってしまう過去編のおどろおどろしさというか窮屈感とかがよく出ていて面白かった。現代の人たちは過去の人と同じ事を繰り返そうとしているのではと思う部分があると少しゾっとした。4人目の殺人はとって付けたというか無くてもいいのではと思ってしまったかな。ラストの二葉の語りも意味ありげで二葉が何かしたのかと気になった。

| 2017.04.22 Saturday | 作家別・さ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.07.04 Saturday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。