Blogpet
<< 「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」枯野瑛 | main | 「だれもが知ってる小さな国」有川浩 >>
 「銀盤騎士 3〜6」小川彌生
小川 彌生
講談社
¥ 463
(2015-07-13)
Amazonランキング: 38794位

3〜6巻まとめて感想。
付き合う事になった心と千登勢だけど、心がモデルと噂になったりして千登勢が自分はただの呪文係なのではと不安になってしまったりすれ違いもあって読んでいてじれったかった。はっきり言葉にすれば楽だけど、そうもいかないから余計にもどかしかった。心だけではなくライバルも交えた群像劇みたいにもなりつつあって、それぞれのキャラの成長も楽しみになってきた。
| 2015.11.24 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.07.22 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2483