Blogpet
<< 「Bread&Butter 3」芦原妃名子 | main | 「ボクを包む月の光 全15巻」日渡早紀 >>
 「明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち」山田詠美
評価:
山田 詠美
幻冬舎
¥ 1,512
(2013-02-27)
Amazonランキング: 20387位

ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、さらにその後、千絵が生まれる。それは、幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた“ある死”をきっかけに、澄川家の姿は一変する。母がアルコール依存症となり、家族は散り散りに行き場を失うが―。突飛で、愉快で、愚かで、たまらなく温かい家族が語りだす。愛惜のモノローグ、傑作長篇小説。
親の再婚で家族となった澄川家。しかし長兄の澄生が雷に打たれて死んでしまってから、母親はアルコール依存症となってしまい、それまでの生活とは変わってしまう。自分にとって身近な人がいなくなってしまってから、その不在をどのようにして受け入れていくのかって話なのかな。母親は受け入れられなくて酒に逃げてしまったけど、母親がそうなったせいで他の家族は受け入れて変わっていくしかなくなってしまった感じが切なくもあった。
それでいて最終的には良い感じに終わっているのは良かった。
| 2015.08.26 Wednesday | 作家別・や行(山田詠美) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.09.22 Sunday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2404