Blogpet
<< 「イグアナの娘」萩尾望都 | main | 「四月は君の嘘 11」新川直司 >>
 「これは王国のかぎ」荻原規子
評価:
荻原 規子
中央公論新社
¥ 700
(2007-02)
Amazonランキング: 140765位

最低最悪の誕生日。泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった!不思議な力を持つ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになった「あたし」。荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。辿り着いた都では王家の騒動に巻き込まれ…。アラビアンナイトの世界に飛び込んだ少女の、恋と冒険の物語。
中学生のひろみは好きな男の子が自分の友達と付き合いはじめて失恋してしまう。失恋のショックで落ち込んでいる時に、突然アラビアンナイトの世界に来てしまってという話。
女の子が違う世界に飛ばされるとか少女漫画のようだけど、ひろみは魔人族として呼び出されたので、助けてもらい守られる存在ではなくてむしろひろみがそこで出会ったハールーンやラシードを助け導く存在となっているのが面白い。軽いタッチでサクサク読めるのも良かった。続編もあるようなので早めに読みたいと思いました。
| 2015.06.27 Saturday | 作家別・あ行(荻原規子) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.06.25 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2360