Blogpet
<< 「ケモノスイッチ 2」湯町深 | main | 「ノラガミ 6〜12」あだちとか >>
 「花が咲く頃いた君と」豊島ミホ
評価:
豊島 ミホ
双葉社
(2008-03-19)
Amazonランキング: 463251位

ひまわりで遊び、コスモスに恋をし、椿に涙して、桜の微笑みに頬笑む—。目を閉じ、耳を澄ませば、可憐な花の囁きが聞こえる。静かに。だけど力強く生きる。そんな決意が聞こえる珠玉の短編集。
「サマバケ96」「コスモスと逃亡者」「椿の葉に雪の積もる音がする」「僕と桜と五つの春」
久々に読んだ豊島さんの短編集。サマバケ96と椿の葉に雪の積もる音がするが好みだった。彼氏よりも友達といる方が楽しいって気持ちや、普段は何を話したら良いのか分からない家族だけど、いざその存在がいなくなってしまうと感じる寂しさとか共感出来た。
| 2015.03.27 Friday | 作家別・た行(豊島ミホ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.10.19 Friday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/2281