Blogpet
<< 「月影ベイベ 2」小玉ユキ | main | 「グッドモーニング・キス 11」高須賀由枝 >>
 「有頂天家族」森見登美彦
評価:
森見 登美彦
幻冬舎
(2007-09-25)
Amazonランキング: 119861位

糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の狸、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天—。狸と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。
アニメを見る前に原作を読んでおこうと思ったので読みました。私は森見作品には苦手意識があったのだけど、それって真面目に読むのかファンタジーとして読むのかが分かっていなかったからなんだなと思った。今回ので森見作品はファンタジーとして読むのだなとはっきり理解しました。
この作品は狸の兄弟が主人公。金曜倶楽部という人間の集まりの忘年会で父親を狸鍋にされて食べられてしまった子供たちの奮闘ぶりとか、過去との折り合いをつけていくのを森見さんのタッチで描写していく感じ。私は四男の矢四郎が可愛らしくて好きだった。兄弟たちが騙されていく過程はあーあーっとなるけど、最後は痛快な感じで良かった。
| 2014.02.05 Wednesday | 作家別・ま行(森見登美彦) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.12.14 Saturday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1946