Blogpet
<< 「失恋ショコラティエ 7」水城せとな | main | 「死者のための音楽」山白朝子 >>
 「FINE DAYS」本多孝好
評価:
本多 孝好
祥伝社
¥ 670
(2006-07)
Amazonランキング: 92823位

死の床にある父親から、僕は三十五年前に別れた元恋人を捜すように頼まれた。手がかりは若かりし頃の彼女の画。僕は大学に通う傍ら、彼らが一緒に住んでいたアパートへ向かった。だが、そこにいたのは画と同じ美しい彼女と、若き日の父だった…(「イエスタデイズ」より)。異例のロングセラーとなり、新世代の圧倒的共感を呼んだ著者初の恋愛小説、待望の文庫化。
「FINE DAYS」「イエスタデイズ」「眠りのための暖かな場所」「シェード」の4編。
恋愛小説だけど、どれもちょっと暗い部分もあって、もっとストレートな話かと思っていたので予想外だった。本多さんは男性なのになあと意外に思ったり(これは私の勝手な偏見が入っているけれど)。イエスタデイズとシェードが結構好みだった。眠りのための〜も好み。でも一番良いなあと思ったのはシェードかな。良い感じにハッピーエンドになる話が印象に残る。
| 2014.01.09 Thursday | 作家別・は行(本多孝好) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.12.14 Saturday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1928