Blogpet
<< 「四色問題」ロビン・ウィルソン | main | 「日本の素朴絵」矢島新 >>
 「ぐるぐる七福神」中島たい子
評価:
中島 たい子
マガジンハウス
¥ 1,365
(2011-10-20)
Amazonランキング: 352593位

「恋愛」5年前別れてから音沙汰なし。「仕事」起業失敗からは職を転々…。さえない日々を送る船山のぞみ32歳。ひょんなことからめぐり始めた七福神は果たして彼女にご利益をもたらしてくれるのか!?東京に御座す、さまざまな七福神をめぐりながら、恋と人生を思索する新感覚“プチロード小説”誕生。
七福神めぐりというものを知らなかったので、興味深く読んだ。 ほとんどが正月にしか出来ないらしいけど、いつかやってみたいなあと思わされた。
さて話の内容は、入院した祖母の家で一つだけ御朱印の欠けた七福神めぐりの色紙を見つけ、祖母の代わりに七福神めぐりをしようとするのぞみ。そして同時に元カレの大地がボランティアでインドに行き、そこで消息不明になった事を知る。東京の様々な場所の七福神めぐりをしながら、過去の自分や大地の事を考える。
ちょっとした描写にくすりと笑える部分もあるし、面白かった。ラストもほのかに希望が見える感じで良かった。
| 2013.12.10 Tuesday | 作家別・な行(中島たい子) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.09.24 Thursday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。