Blogpet
<< 「夜盗姫」水谷フーカ | main | 「信長協奏曲 8」石井あゆみ >>
 「横道世之介」吉田修一
評価:
吉田 修一
毎日新聞社
¥ 1,680
(2009-09-16)
Amazonランキング: 152350位

なんにもなかった。だけどなんだか楽しかった。懐かしい時間。愛しい人々。吉田修一が描く、風薫る80年代青春群像。
長崎から東京の大学へ進学した普通の青年・横道世之介の大学1年生の1年間を追った物語。地の文が世之介に対してつっこみ調だったのが読んでいて面白かった。話もごくごく普通の世之介の生活がメインなんだけど、バイトしたりサークル活動したり免許取ったりとか何気ない日常が楽しそうで私ももっと大学生の時アクティブに動けば良かったなあと思わされた。実際、大学でもそういう風にしたかったけど、何だかんだで面倒になって特定の子と遊ぶだけだったなあと自分の大学時代を思い返したりしちゃいました。
成り行きでサンバサークルに入ってしまい、ほぼユーレイ部員だった世之介が最終的にはサンバを踊る恥ずかしさを乗り越えて楽しいと思えるようになっているのが良かった。途中で未来の話が入ってきて、40歳になった世之介がどうなってしまうのかが分かるのだけど、それを知ったら余計に世之介の大学生活がキラキラして見えたなあ。世之介が平凡だから、彼の周りの人物はちょっと風変わりな人ばかりで、でもそのおかげでそれぞれのキャラが生き生きとしていてみんな好きだったな。サンバサークルの先輩の石田とマイペースお嬢様の祥子が特に好きだった。世之介と祥子がした何てことのない約束をしっかり覚えていた世之介にもグッと来たなあ。
| 2013.04.21 Sunday | 作家別・や行(吉田修一) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.02.19 Wednesday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。