Blogpet
<< 「HUNTER×HUNTER 23〜32」冨樫義博 | main | 2013年3月に読んだ本 >>
 「夜行観覧車」湊かなえ
評価:
湊 かなえ
双葉社
¥ 680
(2013-01-04)
Amazonランキング: 683位

父親が被害者で、母親が加害者――。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と、向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。
ひばりヶ丘という高級住宅地である日、何の問題もなさそうな家で殺人事件が起こった。事件のあった高橋家、高橋家の向かいにあり、娘の彩花が度々癇癪を起こす事で頭を悩ませている遠藤家、遠藤家の隣に住むおせっかいな小島さと子。3つの家の視点で描かれる高橋家の事件の真相。
湊かなえの本だし、色々捻っているのかなと思ったけれど、結構ストレートな話だったかな。でも、人の嫌な部分をがっつり描写しているのは相変わらず。ある視点ではこの人すごい嫌な奴っぽいなと思っていたのが、別の視点だと常識的に見えたりして、誰の視点になるかによって同じ人でも見方は変わるんだよなあと思えて面白い。
作中で高橋家とは別の事件の話が出てきたけど、あれは特に本筋とは関係なかったのかな。繋がりがぱっと見分からなかった。面白かったけど最後に後味悪くなるエピソードを置いてくるのも相変わらずだなと思った。それぞれの家庭が、その後平穏な生活に戻れるのかちょっと気になるな。
| 2013.04.01 Monday | 作家別・ま行(湊かなえ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2017.11.18 Saturday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1722