Blogpet
<< 「のりりん 4〜6」鬼頭莫宏 | main | 「なにかもちがってますか 2,3」鬼頭莫宏 >>
 「俺俺」星野智幸
評価:
星野 智幸
新潮社
¥ 1,680
(2010-06)
Amazonランキング: 16262位

マクドナルで隣り合わせた男の携帯電話を手に入れてしまった俺は、なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった。そして俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺でない俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎてもう何が何だかわからない。電源オフだ、オフ。壊ちまうす。増殖していく俺に耐えきれず右往左往する俺同士はやがて―。孤独と絶望に満ちたこの時代に、人間が信頼し合うとはどういうことか、読む者に問いかける問題作。
読んでいて頭が混乱するような話だった。ある日他人の携帯を拾い、俺俺詐欺をしてしまった主人公がいつの間にか詐欺をした相手の子供である「俺」になってしまう。職場でもいつの間にか別の名前になっていても本人も周りも当たり前のように過ごしている。ある時、自分たちは同じであるという事に気付いた俺たちは集まって話をするようになるんだけど、そこでの自分をオフにする時間が必要だけど俺に会っている時は、自分であるから気を回さなくても良いみたいな描写は何か分かるなと思った。でも俺が自分であるという事は気楽であると同時に、自分の嫌な部分をダイレクトに見る事でもあるのだと、俺の崩壊ぶりを見て思ったなあ。
しかしテーマみたいなのは分かるようで分かりにくい。ネットとかでも自分の生活とかをさらけ出しすぎている事への警鐘的なものでもあるのかなと思ったり。
挿画の石田徹也の無気力な顔した同じような人物の絵ってこの作品に見事に合っているなと思った。どことなく不思議な、そして不気味でもある感じ。
| 2013.03.18 Monday | 作家別・は行(星野智幸) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.09.24 Thursday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。