Blogpet
<< 「流跡」朝吹真理子 | main | 「花の鎖」湊かなえ >>
 「女中譚」中島京子
評価:
中島 京子
朝日新聞出版
¥ 1,470
(2009-08-07)
Amazonランキング: 219975位

昭和初期の林芙美子、吉屋信子、永井荷風による女中小説があの『FUTON』の気鋭作家によって現代に甦る。失業男とカフェメイドの悪だくみ、麹町の洋館で独逸帰りのお嬢様につかえる女中、麻布の変人文士先生をお世話しながら舞踏練習所に通った踊り子……。レトロでリアルな時代風俗を背景に、うらぶれた老婆が女中奉公のウラオモテを懐かしく物語る連作小説集。
「ヒモの手紙」「すみの話」「文士のはなし」

昭和初期に女給から女中になった、すみという女性が語るすみの若かった頃の話。短編が3つなのだけど、そのどれもが既存の作品をモチーフにしているようです。元の話とどう違うのか読み比べたいなあとも思った。
「ヒモの手紙」は、女給をしているすみが、信作という無職の男と知り合い、信作に頼まれて信作の恋人である千代にあてて、金を送ってくれるようにせがむ手紙を出すようになる話。「すみの話」は、すみが女中として働いていた伊牟田家で、ドイツ人と日本人のハーフの萬里子との間にあった出来事を語る話。「文士のはなし」は、マイペースで変わった人でもある作家の元で働く事になった時の話。
どの話でも、すみは決していい人ではないけれど、したたかにでも生きていこうとする心意気は嫌いになれなかった。いい意味で人間くさいという感じかな。
| 2011.06.22 Wednesday | 作家別・な行(中島京子) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2018.12.10 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1275