Blogpet
<< 「ルームメイト」今邑彩 | main | 「絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか」絲山秋子 >>
 「少女には向かない職業」桜庭一樹
評価:
桜庭 一樹
東京創元社
¥ 1,470
(2005-09-22)
Amazonランキング: 384242位

島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。
桜庭一樹は個人的に作品ごとに好き嫌いがはっきり分かれるんだけど、これは結構面白く読めた。中学生の葵と静香の起こしてしまった出来事は、やはり許される事ではない。でも、色んな事を我慢し続け、その我慢の限界が来た結果としてああなってしまったのかなと思うと、もっと周りに話が出来る環境であれば良かったのにと思ってしまう。この辺のやりきれなさは鬼頭莫宏の「なるたる」に登場するひろちゃんと通じるものがあるかもと思った。どっちも戻れない所まで行ってしまっているしなあ。
葵の淡い恋の描写も何だか切ない。ラストのその後がどうなるのかが気になる。

どうでもいい事ですが、この小説のラスト30ページくらいを読みきれずに1週間海外旅行に行っていたので、結末が気になり結構もやもやしました。笑
旅行が楽しくて段々気にならなくなりましたけど、家に帰ってすぐに読みましたよ。
| 2011.04.28 Thursday | 作家別・さ行(桜庭一樹) | comments(0) | trackbacks(1) |
 スポンサーサイト
| 2017.12.11 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1207
桜庭一樹 『少女には向かない職業』
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; JUGEMテーマ:読書感想文 &nbsp; &nbsp; &nbsp;  『少女には向かない職業』といタイトルからして &nbsp; 暗殺者やゲーム上
| こみち | 2017/11/03 1:03 AM |