Blogpet
<< 「美人は得をするか「顔」学入門」山口真美 | main | 「火の鳥 6・望郷編」手塚治虫 >>
 「きみのためにできること」村山由佳
評価:
村山 由佳
集英社
¥ 1,325
(1996-11-26)
Amazonランキング: 770759位

すばらしい音を創りたい。が、夢までは遠い。未熟な音声技師・俊太郎が恋と夢を追い、時を駆ける。ほろ苦く、過激にせつない、清冽な青春小説。
「桜の樹の下で」「南のかぜ風力5」「旅人の木」「きみのためにできること」

音声技師の俊太郎は、素晴らしい音を創りたいという夢を持つ。5年間付き合っている恋人のピノコとは、中々会えずお互いに忙しい日々を送っている。そんな中、俊太郎は仕事で一緒になった大女優のある秘密を知ってしまう。
まるで、男の人が書いた恋愛小説のようでした。ようするに、男にとって都合のいい物語。ピノコが俊太郎にとってどこまでも都合のいい女になりすぎていて、ちっとも共感出来なかった。作中では、パソコンのメールが結構重要なアイテムになっているのだけど、これは今では古いよなあと思った。メールの描写が懐かしい。今だったら携帯メールだろうから、俊太郎がやらかした失敗も滅多にないだろうなあと思った。
| 2011.04.27 Wednesday | 作家別・ま行(村山由佳) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2020.06.04 Thursday | - | - | - |
Comment









url: トラックバック機能は終了しました。