Blogpet
<< 「唐十郎の劇世界」扇田昭彦 | main | 「なにかもちがってますか 1」鬼頭莫宏 >>
 「空想オルガン」初野晴
評価:
初野 晴
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,620
(2010-09-01)
Amazonランキング: 680125位

吹奏楽の“甲子園”普門館を目指すハルタとチカ。ついに吹奏楽コンクール地区大会が始まった。だが、二人の前に難題がふりかかる。会場で出会った稀少犬の持ち主をめぐる暗号、ハルタの新居候補のアパートにまつわる幽霊の謎、県大会で遭遇したライバル女子校の秘密、そして不思議なオルガンリサイタル…。容姿端麗、頭脳明晰のハルタと、天然少女チカが織りなす迷推理、そしてコンクールの行方は?『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』に続く“ハルチカ”シリーズ第3弾。青春×本格ミステリの決定版。
「序奏」「ジャバウォックの鑑札」「ヴァナキュラー・モダニズム」「十の秘密」「空想オルガン」

ハルチカシリーズ3作目。今回はコンクール出場編。ハルタのお姉さんが登場しているけど、キャラが濃すぎて、強烈に印象に残る。謎解きのネタとしては、ありえるのか(?)と思うようなちょっと無理やりだろと思うものもあったけど、やっぱり面白く読めた。1冊の本としてのまとまりも良かったように思うし。そして次はあの人の参加でどうなるのかが気になるところ。
ところで、このシリーズは一体何冊出す予定なのだろうか…。
| 2011.04.23 Saturday | 作家別・は行(初野晴) | comments(0) | trackbacks(1) |
 スポンサーサイト
| 2017.12.11 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1193
初野晴 『空想オルガン』
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; JUGEMテーマ:読書感想文 &nbsp; &nbsp; ハルチカ シリーズ &nbsp; &nbsp; &nbsp;  諸事情により、ハルチカ シリーズ第2弾を飛ばして &
| こみち | 2016/11/15 11:26 PM |