Blogpet
<< 「浮世絵」大久保純一 | main | 「赤ちゃんと僕 愛蔵版 3〜5」羅川真里茂 >>
 「僕の明日を照らして」瀬尾まいこ
評価:
瀬尾 まいこ
筑摩書房
¥ 1,470
(2010-02-10)
Amazonランキング: 81500位

隼太は中学2年生、陸上部。ずっとシングルマザーの息子だったが、進級した春に名前が変わり、ひとりの夜は優ちゃんといっしょの夜に変わった。優しくてかっこいい優ちゃんを隼太は大好きだったが、しかし、優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る……。でも絶対に優ちゃんを失いたくない。隼太の闘いが始まる。
隼太は明るい明日を見つけることが出来るのか。思わず応援したくなる、隼太の目覚めと成長の物語。
児童虐待というヘビーなテーマではあるけれど、あっさりとした語り口調なので普通に読めた。隼太は親が再婚して、優ちゃんという父親が出来る。しかし優ちゃんはスイッチが入って切れてしまうと、隼太を殴る。2人は虐待を何とかしようと方法を探っていく。

この話では虐待をする方とされる方で、普段は普通に仲が良い。優ちゃんは何回も自己嫌悪になって、隼太の母親のなぎさに話そうとするのに、隼太は頑なにそれを拒む。2人の考え方が逆な感じがするけれど、隼太は今まで母親が夜に働いていたので、寝る時、いつも1人だった。そんな夜の1人の寂しさよりも、怒ると殴ってきても優ちゃんにいて欲しいという隼太の切ない思いが、ちょっともどかしい。
虐待の事も、こうしたら解決するっていうのではないので、難しい問題だよなあと思った。

瀬尾さんの描く小説の主人公は、いまいち好きになれない性格しているんだけど、今回もそうだった。結構主人公の性格が全員同じように感じてしまう…。腹黒そうであまり共感出来ないんだよなあ…。
| 2010.10.17 Sunday | 作家別・さ行(瀬尾まいこ) | comments(0) | trackbacks(1) |
 スポンサーサイト
| 2018.06.25 Monday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1074
「僕の明日を照らして」瀬尾まいこ
隼太は中学2年生、陸上部。ずっとシングルマザーの息子だったが、進級した春に名前が変わり、ひとりの夜は優ちゃんといっしょの夜に変わった。優しくてかっこいい優ちゃんを隼太は大好きだったが、しかし、優...
| 粋な提案 | 2012/06/01 6:48 PM |