Blogpet
<< 「カーサの猫村さん 1」ほしよりこ | main | 「顔のない裸体たち」平野啓一郎 >>
 映画「Love Letter」
評価:
岩井俊二
キングレコード
¥ 3,683
(2001-03-07)
Amazonランキング: 2060位

8月3日に観賞。
わー、とても甘酸っぱい。中学生時代のエピソードは思春期の甘酸っぱさが全開で、キュンキュンしてしまった。

亡くなった恋人が昔住んでいたという家に手紙を出したら、来るはずのない返事が返ってきた。手紙の主は、亡くなった藤井樹と同姓同名の女性の藤井樹からの物であった。2人の樹は、中学生時代の同級生で、亡くなった樹の恋人だった博子は、中学時代の樹の話を聞かせて欲しいと頼む。そこから博子と樹の不思議な文通が始まる。

中学生時代の樹の話を軸にして展開する。樹は少しずつ昔の事を思い出して博子に手紙を書いていく。それは亡くなった樹の淡い恋の思い出でもある。
中学生時代、2人の樹が自転車のライトでテストの答案を見るシーンとか、からかわれて泣いてしまった樹(女)を見て、クラスメイトに殴りかかっていく樹(男)とか、好きなシーンです。青春だなあーと。
現在の樹の家族のエピソードも良い。思わず涙が出てきてしまったくらい。おじいちゃん素敵な人だなあ。
そして何と言ってもラストの、何も知らない中学生が持ってきた図書カード。その裏に書かれていたものは、まさしく年月のたったラブレター。心に残るラストです。
| 2010.09.24 Friday | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.07.18 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1051