Blogpet
<< 映画「アリス・イン・ワンダーランド 3D」@プレビ劇場 | main | 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」前田司郎 >>
 「RAINBOW―二舎六房の七人 全22巻」阿部譲二,柿崎正澄
全22巻。全4章から成り立っていて、1章は、二舎六房の七人の出会いから、兄貴分であったアンチャンとの別れ、アンチャンの敵である佐々木と石原への仕返しまでで、2章は6人のそれぞれにスポットが当てられる。3章では、外国人詐欺グループに狙われた節子さんを救うために6人が立ち上がり、4章でアンチャンとの約束を6人が果たす。

ヘビーな内容だけど、面白かった!とにかく7人のお互いを思いやる心と友情にやられました。それぞれが人生に絶望していた中で、出会い、一生ものの関係を築いていく。どんなに自分が不利になろうとも、相手のためなら行動する。そんな友情がとても熱い。

悪役の顔はとにかく気持ち悪いくらい悪役顔で書かれてるのも印象的だった。
二舎六房がどんなに追い詰められても最後には勝つのも少年漫画的でスカッとする。ちなみに私はジョーとヘイタイの2章のエピソードが好きでした。特にヘイタイは台風の話からの男前度の上昇ぶりにはびっくりしました。
| 2010.09.04 Saturday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.11.21 Thursday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1015