Blogpet
<< 「西原理恵子の人生画力対決 1」西原理恵子 | main | 「マウス」村田沙耶香 >>
 「長い終わりが始まる」山崎ナオコーラ
評価:
山崎 ナオコーラ
講談社
¥ 1,260
(2008-06-26)
Amazonランキング: 303116位

大学4年生の小笠原は、マンドリンサークルに所属している。未来になんて興味がなく、就職活動よりも人間関係よりも趣味のマンドリンに命をかけている。そして、とても好きな人がいる。いつまでも流れていく時間を描いた青春文学
一人の大学4年生のサークル活動を軸にした人間関係や恋愛に揺れる心を描いたもの。
主人公の小笠原は、馴れ合いや就活でのネタにするために、マンドリンサークルに入っているわけではないと考えているのだけど、かといって完全に孤立するのも嫌だし、後輩に嫌われたくないとも考えている。
どこにでもいそうな人物に感じたので、小笠原の気持ちが何となく分かるようでもあり、こんなんじゃダメだよーとも思った。
現在就活最中の私としては、小笠原のような考え方じゃきっとダメだろうとも思いました。何か、同じ大学生としてテーマが身近すぎて客観的に読む事が出来なかった気がする。
| 2010.08.15 Sunday | 作家別・や行(山崎ナオコーラ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト
| 2019.09.22 Sunday | - | - | - |
Comment









url: http://easel.jugem.jp/trackback/1003