Blogpet
 「予言村の同窓会」堀川アサコ
評価:
堀川 アサコ
文藝春秋
¥ 734
(2015-09-02)
Amazonランキング: 181387位

不思議な事が日常的に起こる「こよみ村」。地元中学の同窓会開催にあたり村役場まで乗り出す大騒ぎに。転校生・湯木奈央とボーイフレンド・溝江麒麟は大人の恋のさや当てに巻き込まれ、有力者の孫・十文字覚は人知れず重い悩みを抱える。恋あり、怪談あり、SFあり、ミステリーありの濃密ファンタジー第2弾。

予言村シリーズ2作目。私は奈央と麒麟の進展とかが気になっていたのだけど、子供よりも大人にスポットを当てるシリーズなのかなと今回読んでいて思った。最後の話の夕方のシンデレラが衝撃すぎて他の話は霞んでしまった印象。ハートウォーミングな話で終わるのかと思ったらもう一捻りがパンチありすぎだった。夢オチかと思ったらそうでもないし出された肉を食べてしまったとか想像するとえげつなくてやばい。

| 2016.06.28 Tuesday | 作家別・は行(堀川アサコ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「予言村の転校生」堀川アサコ
評価:
堀川 アサコ
文藝春秋
¥ 702
(2014-07-10)
Amazonランキング: 314792位

父・育雄が故郷の村長に当選し、中学二年生の奈央はこよみ村に移り住む。村には秘密の書「予言暦」があるという。元アイドルの溝江アンナとその息子・麒麟、“村八分”松浦、父の政敵・十文字など個性的な村民と共に奈央は様々な不思議な体験をする。村の四季を背景に、ほんのり怖いけれど癒される青春ファンタジー。
父親がこよみ村の村長になったのでそれについて村に引っ越した奈央。そこで起こる不思議な出来事やこよみ村を巡る騒動に巻き込まれていく話。奈央が楠美くんに連れていかれそうになった話とか消化しきれていない部分もあるけど青春ものの小説として綺麗にまとまっていて良かった。個人的にはラスト1ページにキュンとしたけど、そこに至るまでの麒麟の心の変化をもっと知りたかったなあと思う。
| 2016.05.28 Saturday | 作家別・は行(堀川アサコ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖」堀川アサコ
流行歌を血で書きなぐり、情夫と共に無理心中を遂げた双子の姉。残された姪を預けるため、帝都東京より青森弘前を訪れた幸代は、市松人形のように長い髪を垂らす美しいイタコ、千歳と出会う。姉の死の真相を探ろうと、幸代は降霊を頼むが…。超常現象を論理的に推理する千歳と、幽霊の声を聞いてしまう幸代のコンビが、猟奇的な事件に挑む傑作オカルティック・ミステリ。
初読みの作家さん。軽い文体なので話に入りやすくて結構楽しく読めた。イタコの千歳が出てくるけど、おどろおどろしくはないし、漫画とかのイメージでついているイタコとは大分違うのだなと思った。時代設定が昭和の初期辺りなので事件とかは重苦しいなあとは思った。
でもそういう重苦しさを母親を悲惨な感じで亡くしてしまったのに無邪気でかわいい安子とか、のほほんとした感じの千歳とかで緩和されているのかなと思ったり。幸代は色々苦労しているから誰かと幸せになれたら良いのになあと思った。続きももう積本にあるので読むのが楽しみです。
| 2013.11.30 Saturday | 作家別・は行(堀川アサコ) | comments(0) | trackbacks(1) |