Blogpet
 「ボッコちゃん」星新一
評価:
星 新一
新潮社
¥ 637
(1971-05-25)
Amazonランキング: 1621位

スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。
星新一のショートショート50編。おーいでてこーいは教科書で読んだ記憶があるし、他にも世にも〜でドラマになったのとかコミック星新一で漫画になったのとか馴染み深いものが多かった。オチでそれまでのストーリーをひっくり返す感じとか飽きない面白さがあると思う。
| 2016.01.12 Tuesday | 作家別・は行(星新一) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ふしぎな夢」星新一
評価:
星 新一
新潮社
¥ 594
(2005-08-28)
Amazonランキング: 425714位

『ブランコのむこうで』で星新一の世界を知ったあなたにも、ずっと愛読してきたあなたにも、おすすめの11編。没後の作品集『気まぐれスターダスト』を再編集。『ブランコのむこうで』のような味わいのショートショート「ふしぎな夢」、初期の力作「憎悪の惑星」「黒い光」「謎の星座」「月の裏側基地第1号」などを収録。――まだまだ楽しめる、星新一の異次元ワールド満載の一冊!
ショートショートもあるけど、それよりも長い短編があったりして星さんのイメージがまた変わった1冊。スペースファンタジー的なのが多かった印象。表題作が好きだった。
| 2015.12.20 Sunday | 作家別・は行(星新一) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ようこそ地球さん」星新一
評価:
星 新一
新潮社
¥ 662
(1972-06-19)
Amazonランキング: 21379位

文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している――人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。
ショートショート42編収録。
これはSFっぽい話が多かった印象だった。「空への門」は鬼頭莫宏の漫画版で読んだ記憶があるのだけど、雰囲気が大分違う気がして面白かった。星新一版の方が毒気があるというか、そんな感じ。「探検隊」は時事ネタだったのかとあとがき読んで知ったし、収録してある話が昭和36年以前の作品だって知って全然色あせてないというか、今でも普通に通じるからやっぱ凄いなあと思った。
「通信販売」に出てくる巨人とか、今進撃の巨人にハマっているせいでああいう感じの巨人しか頭に浮かびませんでした。笑
| 2013.07.29 Monday | 作家別・は行(星新一) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「未来いそっぷ」星新一
評価:
星 新一
新潮社
¥ 500
(1982-08)
Amazonランキング: 2630位

<アリとキリギリス><ウサギとカメ>など、誰でもごぞんじの寓話の世界。語りつがれてきた寓話も、星新一の手にかかると、ビックリ驚く大革命。時代が変われば話も変るとはいえ、古典的な物語をこんなふうに改作してしまっていいものかどうか、ちょっぴり気になりますが――。表題作など、愉しい笑いと痛烈な風刺で別世界へご案内するショート・ショート33編。
「いそっぷ村の繁栄」…アリとキリギリス・北風と太陽・キツネとツル・カラスとキツネ・ウサギとカメ・オオカミがきた・ライオンとネズミ
「シンデレラ王妃の幸福な人生」「表と裏」「頭の大きなロボット」「底なしの沼」「ある商品」「無罪の薬」「新しがりや」「余暇の芸術」「おカバさま」「利口なオウム」「新しい症状」「いい上役」「電話連絡」「やさしい人柄」「つなわたり」「オフィスの妖精」「健康な犬」「熱中」「別れの朝」「少年と両親」「ねらった金庫」「価値検査器」「企業内の聖人」「夢の時代」「ある夜の物語」「旅行の準備」「どっちにしても」「不在の日」「奇病」「ふしぎなネコ」「やはり」「たそがれ」

星新一の本を読むのは久しぶりだなあ。短いのでちょっとした時間にサクサク読めるのが良かった。今読んでいても古さを感じない作風と、短いながらにどの話にも色々捻りがきいているのが面白かった。私はある夜の物語が好きだったなあ。いい話だ。
| 2011.09.08 Thursday | 作家別・は行(星新一) | comments(0) | trackbacks(0) |