Blogpet
 「こっちの水は甘いのだ 2」しばの結花

完結。最後は駆け足気味にも思えるけど綺麗にまとまっていて良かった。蒼が泣いたり照れたり色んな表情があって可愛いなと思ってしまった。ストーリーもみんなでわいわいしている感じが賑やかで好みな話だった。

| 2017.03.26 Sunday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「芸術家の愛した家」池上英洋
池上 英洋
エクスナレッジ
¥ 1,728
(2016-12-24)
Amazonランキング: 203087位

画家の住んでいた家の紹介本。海外というのもあってどの家もセンスあっていいなあと思った。実際に見てみたいのは家そのものが作品のようになっているダリの家かな。写真で見るだけでも面白かった。

| 2017.03.25 Saturday | その他の本(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「愛蔵版ゲゲゲの鬼太郎 全5巻」水木しげる
水木 しげる
中央公論新社
¥ 1,944
(1988-09-20)
Amazonランキング: 180891位

愛蔵版全5巻まとめて感想。

初期は劇画っぽかったけれど段々漫画的な絵柄で読みやすくなった気がする。目玉の親父が可愛くて結構好き。漫画だと猫娘の存在感は薄くてねずみ男のが存在感あるのが知らなかったので予想外だった。

| 2017.03.24 Friday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「アトリエ777 5」きら
きら
講談社
¥ 463
(2017-02-13)
Amazonランキング: 17550位

エンジェルが人妻との関係にはまり込んでいたりして、仕事面では問題なくなりつつあるのに恋愛面では更にこじれている巻だった。美空が思わずエンジェルに告白してしまったけど、その後顔がまともに見られなくなっている所とか気持ちがリアルだなと思った。

| 2017.03.22 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「とんがり帽子のアトリエ 1」白浜鴎

世界観は出来上がっているなと思う作品。主人公が知識のない状態からスタートするけど今までの自分の持っている事で色々乗り越えようとする感じが王道で良かった。話もあまり引っ張らないで進むので良かった。

| 2017.03.21 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「名前探しの放課後」辻村深月
評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,512
(2007-12-21)
Amazonランキング: 805952位

「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。―自殺、するんだ」「誰が、自殺なんて」「それが―きちんと覚えてないんだ。自殺の詳細」不可思議なタイムスリップで三ヵ月先から戻された依田いつかは、これから起こる“誰か”の自殺を止めるため、同級生の坂崎あすならと“放課後の名前探し”をはじめる―青春ミステリの金字塔。

3カ月後の未来からタイムスリップしてしまったいつか。彼が体験した未来では同級生の誰かが自殺をしてしまっている。いつかはそれを止めようと、何人かの同級生たちに自分の状況を話し誰が自殺をしてしまうのかを突き止めようとする。色々意味ありげな行動をしていたので誰が自殺をしたのかという部分にはそこまでの驚きはなかった。でもラストの方で学校から病院までみんなでリレーのように連れていく所は凄く良かった。自分の好みではないと思っていたのに中学時代の話で好感持って恋愛感情を密かに抱いていたというのがツボだったな。

最後の秀人の所はぼくのメジャースプーンを読んでいないと何を言っているのか分からないのだけが残念だった。知らなくても読める話だったからこそ中途半端に語らせておいてはっきり説明しないのにモヤっとしてしまった。

| 2017.03.20 Monday | 作家別・た行(辻村深月) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「聖ロザリンド」わたなべまさこ

8歳のロザリンドが自分の欲しい物を手に入れる為や自分に嘘をついた人を戸惑いもなく殺していく話。ロザリンドが無邪気であるからこそやっている事のエグさが際立っている感じがする。読んでいて血を抜く所は手から力が本気で抜けてしまった。でもロザリンドは母親が好きで母親の言う事を聞いているから純粋すぎるだけなのかなとも思える。可愛いし子供だから両親が悩んで葛藤しているのも凄く分かってしまう。クリスチャンだと思うのにロザリンドと一緒に心中しようとしているし親の気持ちでも読めてしまう。

ラストもこうするしかないのは分かるけどやりきれなさを感じるし後ろを振り向かずに行くんだと言われたロザリンドが言いつけを守ってよろけながらも振り向かないで進んでいる所とか完全に父親と同じ目線になっていた。20人以上作中で人を殺しているけれど、それぞれのエピソードに無駄がなくてテンポよく読めたし一冊の中で綺麗にまとまっていて怖いけど面白かった。ホラーちっくな話に抵抗がなければおすすめな作品。

昔、友人と行った少女漫画展でロザリンドのあらすじと原画を見てからいつか読みたいと思っていた作品なので今回読めて良かった。

| 2017.03.16 Thursday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「大正ロマンチカ 14」小田原みづえ

過去編メイン。藤と明は結構接触していたのに忘れてしまうものなのかな。一緒に過ごした期間が短いし別れが辛かったら忘れてしまうのかな。今回はレイが全然出てこなかったなあと思う。

| 2017.03.15 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「弱虫ペダル 49」渡辺航

3日目のスタートまで。巻島さんも久しぶりにがっつり出てきたり委員長も出てきたりと面白い巻だった。鏑木も青八木さん庇っていてあんまり好きなキャラではなかったのだけど、見直してきた。京伏が全員坊主にしてきたけど小毬もしているのは予想外だった。そういうの嫌がりそうなキャラに見えたのにw

| 2017.03.14 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「マーメイド・ボーイズ 1,2」さらちよみ
評価:
さらち よみ
講談社
¥ 627
(2016-08-05)
Amazonランキング: 85209位

1,2巻まとめて感想。人魚の王子が人間の女の子に恋をしてという男女逆転の人魚姫みたいな話。人魚のナルは魔術師の力で人間になるのだけど声を代わりにと言われて即断っていたりしたのが面白かった。結ばれないと泡になってしまうけど人間になって会いに行った波は思っていたのとは違っていて、でもそこからまた良い所が分かってきたりとかコメディ要素も多かったりで面白かった。人魚の世界の方では後々波乱になりそうだなあと思う要素も多くて恋もだけどどうなるのか気になる。

| 2017.03.13 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>