Blogpet
 「青の数学 2 ユークリッド・エクスプローラー」王城夕紀

数学オリンピック出場者との夏合宿を終えた栢山は、自分を見失い始めていた。そんな彼の前に現れた偕成高校オイラー倶楽部・最後の1人、二宮。京香凛の数列がわかったと語る青年は、波乱を呼び寄せる。さらに、ネット上の数学決闘空間「E2」では多くの参加者が集う“アリーナ”の開催が迫っていた。ライバル達を前に栢山は…。数学に全てを賭ける少年少女を描く青春小説、第2弾。

青の数学の続き。やっぱりこの世界に興味ないのもあってあんまり入り込めなかった。こういう青春の形もあるんだなと面白くはあった。

| 2019.01.18 Friday | 作家別・あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「シンプルノットローファー」衿沢世衣子
衿沢 世衣子
太田出版
¥ 972
(2009-05-20)
Amazonランキング: 44970位

とある女子高のクラスを舞台にした短編集。ごく普通の日常を描写していて女子高のクラス感が出ていた。いじめとかはなくある種ドライに思えるクライスメイトたちの関係とか。

| 2019.01.17 Thursday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「はれたら明日!」高嶋ひろみ
高嶋 ひろみ
新書館
¥ 637
(2015-09-25)
Amazonランキング: 220733位

教員採用試験に落ちた事で教師を諦め東京で働いていた原田が再び地元に戻り教師を目指す話。教育実習の時の教え子である梅村さんと再会して一緒に遊んだりしているのがちょっと微笑ましい。梅村さんは原田先生の事好きだけど、付き合いたいとかではなくファン目線のような感じでもあって、原田先生の方にはその気が全くないから年の差あっても危うい感じしないのかなと思った。原田イケメンなので先生になったら保護者にモテそう。

| 2019.01.16 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「とっても!!コウペンちゃん」るるてあ
るるてあ
KADOKAWA
¥ 972
(2018-11-29)
Amazonランキング: 1818位

何をしても褒めてくれるコウペンちゃんが可愛くて今回も癒された。童話シリーズ、優しい世界で今回も良かった。コウペンちゃんがお妃様なら誰も傷つかなくていいな。

| 2019.01.15 Tuesday | その他の本(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「…のような気がする。」もんでんあきこ

子育ての悩みにまつわる短編集。子供を産んだからいきなり親になれるわけではなく、自身が子供の頃の思い出をトラウマのように感じ、子供にも自分と同じ気持ちをさせてしまうのではないかと不安に思ったりする主人公の女性たちの気持ちが共感出来た。どれもいい感じに終わるしそこも良かったな。それぞれの子供時代が救われるようなのが良かった。自分が親になってもまだ子供でもあるんだもんなと思ったというか。

| 2019.01.14 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「じけんじゃけん! 1」安田剛助

ミステリ好きな先輩がミステリネタを色々出しつつ後輩と絡むラブコメ。ミステリの王道ネタが多くてその内ネタ切れにならないのかなと思いつつそこそこ楽しめた。叙述トリックの話は普通に騙された。

| 2019.01.13 Sunday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「海と山のピアノ」いしいしんじ
評価:
いしい しんじ
新潮社
¥ 1,836
(2016-06-30)
Amazonランキング: 289555位

山でひとが溺れてから半年、グランドピアノとともに流れついたひとりの少女。やがて訪れる奇跡―。命を育み、あるいは奪う、水の静けさ、こわさ、あたたかさ。響きあう九つの短篇小説。

大人の童話集みたいな感じの不思議な世界観の話だった。まあ正直よく分からなくて頭に入らなかった。

| 2019.01.12 Saturday | 作家別・あ行(いしいしんじ) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「色で巡る日本と世界 くらしの色・春夏秋冬」
色彩文化研究会
青幻舎
¥ 2,484
(2015-10-29)
Amazonランキング: 310021位

色にまつわるあれこれを解説した本。1つのトピックが2ページで終わるのもあって読みやすかった。外国では黄色は長らくユダのイメージで良い印象が無かったとか知らなかった事も多くて面白かった。

| 2019.01.11 Friday | その他の本(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「岡崎に捧ぐ 5」山本さほ
山本 さほ
小学館
¥ 850
(2018-10-30)
Amazonランキング: 1456位

完結。数年連絡なくても久しぶりに会えば仲良くなれるのが昔馴染みだなって思える。大人になってからの話は個人的に気持ちが分かるからちょっと読んでいて辛かった。でも山本さんには友達いるから大丈夫だよなあと思える。

| 2019.01.10 Thursday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「恋とヒミツの学生寮 4」アサダニッキ
アサダ ニッキ
講談社
¥ 475
(2018-11-13)
Amazonランキング: 68197位

完結。あさひの秘密がばれたり寮存続の危機とかあったけどさらっと終わった。夜風よりも最終的には月ヶ瀬先輩とかのが印象的なキャラだったな。ちょっと夜風は存在感が薄かった。実はハイクラのフリをしていたのが寮のみんなにばれていたとかはベタでうーんとなりつつアサダさんらしい気もするかな。

| 2019.01.09 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>