Blogpet
 「突然ですが、明日結婚します 9」宮園いづみ

最終巻。8巻の終わりがびっくりだったけど9巻はそこまでの波乱もなく思った通りな感じだった。最初から竜が結婚するって思えばまとまる話だったもんな。

| 2018.11.20 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「暁のヨナ 26」草凪みずほ
草凪みずほ
白泉社
¥ 463
(2018-04-20)
Amazonランキング: 33212位

真国編の終わり。ゴビとか出てきてごちゃごちゃしたなと思ったけど一応まとまって良かった。でも最後に一番インパクト持ってかれたなあ。逆切れ告白を少女漫画のヒーローがするとは思わなかった。

| 2018.11.19 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 3」船津紳平

金田一少年の殺人と仏蘭西銀貨殺人事件の2編。今回は犯人が他人を上手く使って事件起こしている感じなので前の巻ほど肉体労働で頑張るみたいなのは減った。犯人視点で見ると他人にやらせているから運まかせな部分が多くて内心ハラハラしていたのかなとか考えたら面白かった。

| 2018.11.18 Sunday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「寄宿学校のジュリエット 9」金田陽介

犬塚やペルシアの親世代も関わりがあるのが分かって親同士でもこれから因縁ありそうだなと思った。ペルシアの変装が藍瑠にバレて2人の付き合いも知られてしまったけどとりあえず認められた感じだし結果オーライなので良かった。

| 2018.11.17 Saturday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「青の数学」王城夕紀
評価:
王城 夕紀
新潮社
¥ 637
(2016-07-28)
Amazonランキング: 56325位

雪の日に出会った女子高生は、数学オリンピックを制した天才だった。その少女、京香凛の問いに、栢山は困惑する。「数学って、何?」―。若き数学者が集うネット上の決闘空間「E2」。全国トップ偕成高校の数学研究会「オイラー倶楽部」。ライバルと出会い、競う中で、栢山は香凛に対する答えを探す。ひたむきな想いを、身体に燻る熱を、数学へとぶつける少年少女たちを描く青春小説。

数学を題材にした小説。数学苦手でも話は難しくないのでそういう知識も必要でないし読みやすかった。数学好きなら更に楽しめるのかなあと感じた。

| 2018.11.15 Thursday | 作家別・あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「BE BLUES ~青になれ!~ 31,32」田中モトユキ
田中 モトユキ
小学館
¥ 490
(2018-08-17)
Amazonランキング: 26539位

31,32巻まとめて感想。選抜合宿に参加する龍。龍って浮いていてもあまり気にしないタイプかと思ったけど居心地の悪さを気にするんだってのが予想外だった。切り替え早いって台詞が子供の頃の事故を思い出すな。32巻では桜庭の成長もようやく見られそうで先が気になった。

| 2018.11.12 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下」櫛木理宇

春になったけどこよみとの仲は進展しない森司。そこにこよみの同級生の男子が出てきたりと恋のライバルが登場するのに呑気にアドバイスとかしているのにはそれでいいのかと思ったりやり取りが面白かった。今回の事件は男女の恋愛メインなのが多かった気がする。DV男もだけど最後の話での恨みのパワーの強さは読んでいて怖かった。

| 2018.11.09 Friday | 作家別・か行(櫛木理宇) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「あさひなぐ 26」こざき亜衣
こざき 亜衣
小学館
¥ 596
(2018-04-27)
Amazonランキング: 20086位

インターハイに向けてそれぞれの葛藤や気持ちを描写している。ずっとスポ根ノリだと思ったら最後に告白が来てびっくりした。恋も試合も頑張って欲しい。

| 2018.11.07 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 2」船津紳平

雪夜叉、タロット山荘、悲恋湖の話。一番好きだったのはタロット山荘かな。東大出アピールをするのにトリックに大事なのはフィジカルだって風車にくくっている所とか殺したと思った金田一が戻ってきた時の反応がかなりツボだった。

| 2018.11.06 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ペーテル・パウル・ルーベンス」
ジル・ネレ
タッシェン・ジャパン
¥ 9,915
(2006-08-25)
Amazonランキング: 245735位

ルーベンス展に行く予定なのでその前の予習として読む。絵はひたすらに綺麗だなと思うのと、工房で作成していたのが多いから純粋に1から10までルーベンスが描いた絵ってそんなに多くないのかなと思った。そしてこの時代で自分の為に家族の絵を描いているのは珍しい気がしたけどどうなんだろう。

| 2018.11.05 Monday | その他の本(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>