Blogpet
 「ランド 7」山下和美
山下 和美
講談社
¥ 756
(2018-09-21)
Amazonランキング: 10377位

自分の時間を止めて老いが無くなるってどんな感じなんだろうか。想像つかないな。捨吉の過去編が地味に好き。杏は母親似なのと昔から真理は辛い思いしていたんだなと分かって逆に壊れた今の方が幸せなのかもしれないと感じた。

| 2019.03.23 Saturday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「プレイバック」レイモンド・チャンドラー
評価:
レイモンド チャンドラー
早川書房
¥ 1,836
(2016-12-08)
Amazonランキング: 270358位

午前六時半。一本の電話が私立探偵フィリップ・マーロウを眠りから覚まさせる。それは、列車で到着するはずの若い女を尾行せよとの依頼だった。依頼主の高圧的な態度に苛立ちながらも、マーロウは駅まで出向く。女はすぐに姿を現すが、彼女には不審な男がぴったりとまとわりつき―。“私立探偵フィリップ・マーロウ”シリーズ、長篇第七作。新訳版。

有名な台詞とかあるみたいだけど知らずに読み進めてしまった。シリーズ物なのにそれまでを読まずにいきなり最終作を読んでみたけどよく分からないままに終わってしまった感じ。ハードボイルドなのかな。村上春樹の訳は読みやすいけど個人的には頭に入ってこない文章だな。

| 2019.03.22 Friday | その他の本(海外作品) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「神風怪盗ジャンヌ 完全版全6巻」種村有菜

完全版全6巻感想。子供の頃夢中になって読んでいた思い出補正と大人になって見方変わったり少しは常識身に付いた今読むとついていけない要素もあったりと複雑な気持ちになりつつもやっぱり面白いなと思った。絵柄の華やかさ、メリハリのある場面、無駄な引き延ばしもなく最後まで駆け抜けたストーリー。どれも今読んでもいいなと思えた。都の心情に一番共感出来て改めて読んだら一番好きなキャラになったな。

| 2019.03.21 Thursday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子
評価:
加納 朋子
講談社
(2007-07-26)
Amazonランキング: 806652位

五年生に進級する春、森は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルをはられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメイトのほとんど誰も残念がってはくれなかった。そんな森だったが、引越し先の社宅の子どもたち―ココちゃん、あや、竹本兄弟、パックとは不思議に気があった。彼らは森をまるごと受け入れてくれた。しかし森は次第に感じていた。この社宅には何か秘密がある。もしくは謎が…。

ミステリーランドの1冊。親の仕事の都合で北九州に引っ越して来た主人公の話。嫌な大人とか出てきてこういう要領いいタイプがちゃっかりしていてリアルにいそうだなと思った。

パックはファンタジーな存在かと思ったら物凄くヘビーな過去があったり、何かありそうな登場人物にはちゃんと最終的には理由が明かされるしすっきり読める話だった。

| 2019.03.20 Wednesday | 作家別・か行(加納朋子) | comments(0) | trackbacks(0) |
 「高嶺の蘭さん 3,4」餡蜜

3,4巻まとめて感想。両想いなんだけど相手に遠慮したりで少し気まずくなっていた2人。でも自分の気持ちに素直になって付き合う事になり交際を始める。初デートとか名前呼びとか少しずつ進む感じが微笑ましくて良かった。見守りたくなる2人だ。

| 2019.03.18 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「ヒメゴト ~十九歳の制服~ 全8巻」峰浪りょう

全8巻まとめて感想。19歳の男女3人の話。歪んでいる性嗜好を持っているけどそれぞれにきっかけやトラウマがあって、恋愛要素も

あるので先が気になった。中盤どこへ向かうのかってくらいのドロドロ具合だったけど上手く着地したのは凄かった。個人的には由樹とカイトには上手く行って欲しいと思ってたから良かった。ちゃんとカイトも由樹の事好きだって由樹に言って、由樹もそのままのカイトを受け入れていて、由樹って見た目が男の子っぽかったから呼び名があれだったけど一番女の子なんだよなと思った。未果子も由樹には母親を求めているって結論だったしな。最後には祥も含めて晴れやかな顔になっていたのが印象的だった。

| 2019.03.15 Friday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「かげきしょうじょ!! シーズンゼロ」斉木久美子

ジャンプ改版を1冊にまとめて特別篇を収録したりインタビューを追加したもの。特別収録の愛ちゃんがさらさを名前で呼ぶまでが愛ちゃんが微笑ましくて良かった。

| 2019.03.13 Wednesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「かげきしょうじょ! 全2巻」斉木久美子

ジャンプ改連載の時の作品。全2巻。愛ちゃんが周りに打ち解けるまでと彩ちゃんの話まで。女子しかいない紅華歌劇団の音楽学校を舞台にした話。さらさが主人公としては少しクセが強い気がするんだけど周りのキャラも立っているし面白かった。集英社版だとオタクネタも多かったりするんだなとメロディとの違いを少し感じた。

| 2019.03.12 Tuesday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「あさひなぐ 27」こざき亜衣
こざき 亜衣
小学館
¥ 596
(2018-07-30)
Amazonランキング: 32195位

前の巻の最後で旭が告白した!と思ったけど特に進展は無かった。旭からしたら両想いなの分かっているからすぐにどうこうみたいには思わないのかな。夏之サイドでもそうなんだけど。インターハイも始まったけど人も時間もタイトでサクサク進むのが何かリアルに感じた。

| 2019.03.11 Monday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
 「きっと愛してしまうんだ。 7」一井かずみ

最終巻。谷地くんの元カノ出てきたけど、自分も結婚するのに歩に対して水ぶっかけたりよく分からない人だなと思った。遠いのに会いに来ているし普通に怖い。さらっとまとまったけど読みやすくて良かった。

| 2019.03.10 Sunday | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>